小磯 良平  Ryohei Koiso
  
  
1903年(明治36)  7月神戸市中央区で生まれる
1922年(大正11)  東京美術学校(現東京芸術大学)入学  
1925年(大正14)  小磯家へ養子に入る。(旧姓は岸上) 
             東京美術学校西洋画科在学中、第6回帝展に「兄弟」が初入選。 
1926年(大正15)  第7回帝展で「T嬢の像」が特選を受賞。 
1927年(昭和2)   東京美術学校を主席で卒業。卒業制作は親友で詩人の竹中郁をモデルにした「彼の休息」。 
1928年(昭和3)   渡仏して2年間滞在。 
1930年(昭和5)   帰国後、光風会や帝展に出品する。 
1932年(昭和7)   第13回帝展で「裁縫女」が特選を受賞。 
1936年(昭和11)  帝展改組に伴い、猪熊弦一郎・内田厳らとともに新制作派協会を結成。
1940年(昭和15)  第11回朝日文化賞を受賞。 
1942年(昭和17)  「娘子関を征く」が第1回芸術院賞を受ける。 
1953年(昭和28)  東京芸術大学教授に昇任する。 
1974年(昭和49)  迎賓館赤坂離宮大広間の壁画、「絵画」・「音楽」が完成。 
1979年(昭和54)  文化功労者となる。 
1982年(昭和57)  日本芸術院会員となる。 
1983年(昭和58)  文化勲章を受章。  
1988年(昭和63)  85歳で逝去。