酒井 信義 Nobuyoshi Sakai  

1944年  鎌倉に生まれる
1967年  東京芸術大学油絵科卒業  大橋賞受賞
1968年  新制作協会展(’73まで)
1969年  東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了  
1970年  東京芸術大学美術学部助手(非常勤 ’73迄) 
1971年  新制作協会展新作家賞受賞
1982年  早稲田大学100周年記念展
1983年  個展(日本橋高島屋)
     杜の会・なにわ会(大阪・梅田画廊)
1986年  日本大学芸術学部非常勤講師  
1987年  個展(東京梅田画廊、大阪・梅田画廊/’88、’91)
1988年  巴東会(資生堂ギャラリー)
1989年  前田寛治大賞展(倉吉博物館)
     読売新聞連載小説挿絵担当  渡辺淳一「うたかた」
     個展(日本橋高島屋、大阪・梅田近代美術館)
1990年  渡仏
1991年  両洋の眼展(日本橋三越/’95も出品)
     国際現代美術大賞展(モナコ国立美術館)
     「うたかた」挿絵原画展(東京梅田画廊、大阪・梅田近代美術館)
1992年  朝日新聞連載小説、渡辺淳一「麻酔」挿絵担当
1993年  個展(日本橋高島屋、大阪・梅田近代美術館、横浜高島屋)
     IMA「絵画の今日」展(三越美術館/’95、’97も出品)
1994年  モダニズムの系譜展(日本橋高島屋、大阪・梅田近代美術館/’96も出品)
1997年  巴東会(日本橋高島屋、名古屋・名鉄、大阪高島屋)
1999年  日本経済新聞連載小説挿絵「風の生涯」辻井喬原作「色と形と」 (ギャラリーエモリ)
2000年  日本大学芸術学部研究所教授(非常勤)  
2001年  日本大学芸術学部教授  
2006年  日本大学芸術学部非常勤講師  
2008年  サロン・デ・ザルブル展(梅田画廊)以後毎年
2009年  高島屋美術部創設百年記念 酒井信義展(高島屋 東京/大阪/名古屋/横浜/新宿/京都)
2010年  酒井信義の世界展―紡ぎ出す色彩のフォルムー(諏訪市美術館)  
2011年  第1回セレニテの会展 (以後2013, 15/三越: 日本橋, 大阪, 福岡)
     東京新聞 (三社連合) 連載小説『グッバイマイラブ』(佐藤洋二郎著) 挿絵
2012年  現代洋画10人展 (諏訪市美術館/長野)
     個展 (三越: 日本橋, 大阪, 福岡)
    「明日の友」婦人之友社刊 表紙担当
2013年  婦人之友社「明日の友」表紙絵 酒井信義展 (日本橋三越)
2014年  個展「奏でる色-七彩-」 (髙島屋: 東京, 大阪, 横浜, 京都, 名古屋, 新宿)
     うつくしい いろ・かたち・マティエール-世代を超えて伝わるもの-(練馬区美術館)
2015年  酒井信義・前田利昌・山本治三三人展(ギャルリ・サロンドエス)’16
2016年  個展(ギャラリーカジオ・小金井)  

現 在  無所属

〈研究領域〉
永い伝統を持つ油絵が、多様な現代の美術の中でも、新たな魅力を放ち、普遍的な芸術作品として存在している。「平面での視覚芸術」という視点から、作家の感性や想像力を通して、新しい自由な解釈や技法を習得し、タブローの成立に欠かせない造形性(意識)を土台にして、「今」を、「リアリティー」を感じさせる絵画を追求する。

〈研究業績〉
新制作協会展新作家賞(1968年から1973年まで出品)
「前田寛治大賞展」倉吉博物館 (出品)
「国際現代美術大賞展」モナコ国立美術館 (招待出品)
劈頭展(個展)
「酒井信義の世界展」諏訪市美術館
その他個展・グループ展・絵本・新聞挿絵