梅原 龍三郎 Umehara Ryuzaburo

1888年(明21) 京都市下京区の染呉服店の三男として生まれる 
1903年(明36) 浅井忠が開設した聖護院洋画研究所にて指導を受ける 
1906年(明39) 聖護院洋画研究所は新たに関西美術院となり、引き続き浅井忠らの指導を受ける 
1908年(明41) 渡仏 初めてルノワールの実作に接して感激する 
        アカデミー・ジュリアンに入学しバッセの教室に通う 
1909年(明42) 紹介状も何も無しにルノワールを訪問 以後師事する 
1913年(大2)  ベルリン・モスクワに立ち寄りシベリヤ経由にて帰国 
1935年(昭10) 帝国美術院会員に任命される 
1944年(昭19) 安井曾太郎とともに東京美術学校教授に任命される 
        安井曽太郎とともに帝室技芸員を命ぜられる 
1952年(昭27) 安井曽太郎とともに東京藝術大学教授を辞任する 
        安井曽太郎とともに文化勲章をうける 
1973年(昭48) フランス政府からレジオン・ドヌール勲章が贈られる 
1986年(昭61) 1月死去 遺言により葬儀、告別式は行われず