ルノワール  Pierre・Auguste・Renoir
  

1841年      フランス中西部の町リモージュに生まれ、仕立屋の父とお針子の母に育てられる。 
1854年(13才)  磁器の絵付け職人の見習いになる。この頃から、暇を見つけてはルーブル美術館に通いルーベンスやフラゴナールの名画の模写をした。 
1858年(17才)  産業化の影響による絵付けの仕事の減少を受け失業する。その後は扇子の装飾など職人としての仕事を手がけていた。
1860年(19才)  ルーヴル美術館で模写する許可を受ける。許可証は1864年まで毎年更新されている。
1861年(20才)  画家の道へ進むことを決意し、パリのシャルル・グレールの画塾に入ったルノワールは、モネやシスレー、バジールらと出会い、印象派
           の活動に参加する。フォンテーヌブローの森で一緒に写生もしている(1960年代初頭・画塾時代)  
           グレールがルノワールに帝室図書館の版画部で模写する許可を取ってくれる。  
1862年(21才)  4月、エコール・デ・ボザールに入学。 
           10月1日~12月31日、徴兵される。  
           モネ、シスレー、バジールがグレールの画塾に侵入登録する。 
1864年(23才)  1月5日~3月5日、2回目の兵役。
1870年(29才)  8月26日、普仏戦争にて第10騎兵隊に動員される。 
           11月28日、戦闘で親友バジールが死ぬ。
1874年(33才)  モネ、シスレーらと共に第1回印象派展を開催。 
1877年(36才)  第3回印象派展に≪ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会≫を出品。 
1879年(38才)  セザンヌ、シスレーと同じく第4回印象派展に参加せず。
           サロン・ド・パリに≪シャルパンティエ夫人とその子供たち≫を出品し、大変な高評価を受ける。これを機に人気作家となりはじめる。
           のちに妻となるアリーヌ・シャリゴと出会う。 
1881年(40才)  イタリアを旅行し、ラファエロのフレスコ画とポンペイの壁画に感銘を受ける。 
1885年(44才)  3月21日、アリーヌとの間に長男ピエールが生まれる。 
1888年(47才)  リュウマチ性関節炎を患い、以後発作に苦しむ。 
1890年(49才)  アリーヌと正式に結婚。  
           レジオン・ド・ヌール勲章の授与を辞退する。
1894年(53才)  8月、アリーヌの従妹ガブリエル・ルナールが家政婦として雇われ、
           以後20年の間ルノワール家と共に暮らす。 
           9月15日、次男ジャンが生まれる。  
1901年(60才)  8月4日、三男クロード(通称ココ)が生まれる。 
1904年(63才)  暮れから1905年初頭にかけ、ヴォラールのために石版画12点
           を仕上げる。 
1907年(66才)  シャルパンティエ・コレクションの競売で≪シャルパンティエ夫人とその子供たち≫がメトロポリタン美術館に購入される。
           南仏カーニュ=シュルメールに広大な土地レ・コレットを購入して、翌年まで家を建てる。 
           名誉総裁であったが、サロン・ドートンヌに出品せず。 
1911年(70才)  10月、レジオン・ド・ヌール四等勲章を受章する。  
           11月、レジオン・ド・ヌール五等勲章を受章したシニャック
           に自分の記章を贈る。 
1914年(73才)  8月3日、ドイツがフランスに宣戦布告。ピエールとジャンが徴兵される。 
           10月、二人の息子が負傷する。 
1915年(74才)  4月、前線復帰したジャンが足に重傷を負う。 
           6月27日、妻アリーヌ、56才で死去。エソワの墓地に埋葬される。  
1919年(78才)  レジオン・ド・ヌール三等勲章を受章する。 
           芸術文化局長ポール・レオンの招きで、展示されている≪シャルパンティエ夫人≫
           をみるためにルーヴルを訪れる。
           12月3日、肺充血によりレ・コレットで死去する。
           エソワの墓地にアリーヌと並んで埋葬される。